多汗症の悩みを改善するために早めに専門の病院に相談しましょう

多汗症の症状

女医

多汗症は、大量に汗をかいてしまう症状です。汗をかくということは、体の正常な機能です。そして、汗は体温を下げるために水分を放出して気体熱で体を冷やすのが目的なのです。しかし、多汗症の場合は、体温を下げる必要もない状態でも汗をかいてしまいます。多汗症の場合、汗の分泌を自発的にコントロールすることができないため、どんなケースでも大量の汗をかいてしまうのです。その結果、汗が汗ジミの原因や臭いの原因となってしまうのです。多汗症には、全身性発汗と局所性発汗の2種類があります。全身性は全身の汗腺から一斉に汗をかき、局所性の場合は体の一部から大量の汗をかきます。全身性は稀な症状になり、ほとんどの方が局所性です。局所性は、手のひらや足の裏、わきの下など汗腺が集中している部位に多く見られます。自分が多汗症であるかを見極めるためにセルフチェックする方法があります。発汗量は体格の大きさや体質、汗腺の発達度の度合いに個人差があるため漠然とした情報だけで決めつけることはできないのです。多汗症のセルフチェックは、どの状況において大量の汗をかくかを調べます。ストレスを感じたときに汗をかく人の場合は、多汗症のケースがあり得るのです。また、満員電車などすぐ近くに人がいることで汗をかきたくない状況になった場合に意識をしてしまって大量の汗をかいてしまうケースも多汗症の疑いがあります。発汗は自律神経の働きに大きく左右されるので、多汗症の重要な見極めるポイントとなるでしょう。多汗症の症状をしっかりと理解することで、早期に多汗症に気付くことができ改善することができます。いろいろな情報を照らし合わせてセルフチェックを行っていきましょう。