脂肪吸引やキャビテーション、美容外科を知ろう

歴史

taisyou

今日における美容外科の歴史の発祥は、紀元前6世紀頃のインドが発祥と言われている。
その頃存在した「スシルタ」という人物が造鼻術を実践していたといわれており、この技術がヨーロッパに伝わった。

その後、ルネサンス期には、イタリアの「タリアコッティ」が形成外科の教科書を書いている。
1845年には、世界で最初の美容外科手術が行われた。
これは、ユダヤ人が人種差別の中で生き延びるために、行ったものである。

日本で美容外科手術が行われたものは、第二次大戦後の事である。

目的

mokuteki

美容外科の目的は、肉体を美的にすることであり、医療を目的とした形成外科とは違う。
美容外科では、その診療は保険対象外であり、診察や治療は個人の実費になる。
その為、手術費用は手法や部位により大きく異なり、100万円を超える手術も存在する。

美容整形外科と形成外科には大きな違いがある。
形成外科の目的は、運動機能の改善であり、美しさを目的とする美容形成外科とは大きく異る。
形成外科は、切断された指の再結合や、人工関節置換手術等といった手術を行う。

対象項目

美容外科では、診療対象項目がある。
診療対象項目は、まぶた、鼻、輪郭、乳房等である。ここからは、それに関して説明する。

まぶたは、二重瞼やシワやたるみ等を除去する目的で手術をする。
鼻は、降鼻術や整鼻術に小鼻整形などをする目的で手術をする。
輪郭は、頬骨の張りなどの顔の骨格形成をする目的で手術をする。
乳房は、豊胸術や乳房固定術等の乳房の形を整える目的で手術をする。

手術方法にも様々な種類があり、近年ではレーザーを用いた手術方法がある。

スペシャルトピックス

suction

概要

脂肪吸引とは、吸引器具を使い任意の部分の脂肪細胞を吸引して、…

more